「鈴木と河越の話」(横溝正史)

ホラー作品とみるべきかどうか?

「鈴木と河越の話」(横溝正史)
(「横溝正史ミステリ
  短篇コレクション①」)柏書房

「横溝正史ミステリ短篇コレクション①」

「鈴木と河越の話」(横溝正史)
(「山名耕作の不思議な生活」)
 角川文庫

「山名耕作の不思議な生活」角川文庫

女学校の英語教師をしている
鈴木俊郎は、人知れず
長編小説「莫」を書き上げ、
河越卯平というペンネームで
それを発表した。
そのときから彼は、
自分の身のまわりに
影のようなものが
つきまとっていることに気づく。
影は次第に濃く…。

影は次第に濃くなり、
やがて実体化します。
それが「河越卯平」なのです。
河越は鈴木の部屋に我が物顔で居座り、
鈴木の彼女・みよ子を取り上げ、
そして肥えて脂ぎっていくのです。

〔登場人物〕
鈴木俊郎
…女学校の英語教師。
 人知れず小説を書いている。
河越卯平
…鈴木俊郎のペンネームであり、
 「影」。次第に実体化する。
橋村みよ子
…鈴木の同僚であり、
 鈴木が好意を寄せている女教師。

created by Rinker
¥2,860 (2024/05/26 04:56:47時点 Amazon調べ-詳細)
今日のオススメ!

この本体・鈴木と影・河越は
対照的な存在です。
鈴木が真面目で勤勉であるのに対し、
河越は不真面目で悪徳。
鈴木は何事にも控えめで
腺病質なのに対し、
河越は恰幅で社交的、
押し出しの強い性格。
まさに光と影です。

鈴木はどうなったか?
彼はますますやせ衰え、
やがて河越が新聞に出した
自身の死亡広告を見て、
卒倒したまま収縮していきます。
河越が完全に実体化し、
鈴木が消滅したのです。

これを、二人の入れ替わりを描いた
ホラー作品とみるべきかどうか?
二人は離れることができず、
常に行動を共にしなければ
ならなかったこと、
そしてみよ子は二人と一緒にいるときは
河越しか眼中に入らなかったことを
考えると、本作品は
違う一面が見えてくるのです。

鈴木と河越は
それぞれ独立した存在ではなく、
一人の人間の中の
二つの面と見ることもできます。
勤勉実直な鈴木の内部には
もともと河越としての人格が
秘められていた。
それがデカダン的作品
「莫」を書き上げたことにより、
表面に出てしまった。
鈴木と河越の入れ替わりではなく、
鈴木の内部での善と悪の逆転、
つまり、人間誰しもが持っている
二面性を扱った寓話と
考えることができるのです。

書き上げた小説の表題「莫」には、
否定語としての「ない」、もしくは
「むなしい」という意味があります。
「ない」のは鈴木だったのか、
それとも河越なのか。
いずれにしても
「むなしい」結末が控えています。
卒倒したまま収縮していった鈴木は、
「芥子粒ほどの大きさになった。
 河越卯平は、やがて芥子粒の
 鈴木俊郎をつまみあげると、
 蚤をつぶすように、
 爪の間でぱちッといわせた。」

本作品の発表は昭和2年(1927年)、
小説を書く行為が、
まだまだ悪徳とみなされていた時代の
作品です。

(2018.12.23)

〔娘のつくった動画もよろしく〕
こちらもどうぞ!

墓村幽の味わえ!横溝正史ミステリー

ぜひチャンネル登録をお願いいたします!

(2024.5.1)

〔「横溝正史ミステリ短篇コレクション
  ①恐ろしき四月馬鹿」〕

恐ろしき四月馬鹿
深紅の秘密
画室の犯罪
丘の三軒家
キャン・シャック酒場
広告人形
裏切る時計
災難
赤屋敷の記録
悲しき郵便屋
飾り窓の中の恋人
犯罪を猟る男
執念
断髪流行
山名耕作の不思議な生活
鈴木と河越の話
ネクタイ綺譚
夫婦書簡文
あ・てる・てえる・ふいるむ
角男
川越雄作の不思議な旅館
双生児
片腕
ある女装冒険者の話
秋の挿話
二人の未亡人
カリオストロ夫人
丹夫人の化粧台

〔横溝正史
  ミステリ短篇コレクション〕

created by Rinker
¥2,860 (2024/05/26 14:20:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,860 (2024/05/26 14:14:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,860 (2024/05/26 07:58:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,860 (2024/05/26 14:14:51時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,860 (2024/05/26 13:40:54時点 Amazon調べ-詳細)

〔関連記事:横溝ノンシリーズ作品〕

おどろおどろしい世界への入り口
Gerd AltmannによるPixabayからの画像

【今日のさらにお薦め3作品】

【こんな本はいかがですか】

created by Rinker
¥836 (2024/05/26 04:57:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,100 (2024/05/26 14:20:41時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA