「百日紅の下にて」(横溝正史)

金田一耕助の事件簿002

終末に残る、爽やかな余韻

「百日紅の下にて」(横溝正史)
(「殺人鬼」)角川文庫

「殺人鬼」現在の表紙

焼け跡に佇む
義足の男・佐伯に近づいて来た
復員者風の小柄な男は、
かつてそこで起きた
殺人事件について、
自ら推理した真相を語り始める。
その事件は、
佐伯の妻・由美が自ら命を絶って
一年後に起きていた。
男の名は金田一耕助…。

昭和26年に書かれた
横溝正史金田一シリーズの短篇です。
金田一耕助の事件簿上では
「本陣殺人事件」「獄門島」
間に位置している(執筆順とは異なる)
隠れた逸品となっています。

【事件簿File-002「百日紅の下にて」】
〔事件発生〕
昭和21年9月(東京)
〔依頼人〕
川地謙三
…金田一の戦友。ある殺人事件の
 容疑をかけられていた。
※依頼内容は「調査」ではなく、
 事件の真相を佐伯一郎に伝えること。
〔捜査関係者〕
※警察関係者は登場せず。
〔事件関係者〕
佐伯一郎
…義足の男。百日紅の木の下で
 回想に耽っていた。
 出征前四人の男に妻の保護を依頼。
佐伯由美
…自殺した佐伯の妻。
五味謹之助
…佐伯の後輩。商社勤務。
 青酸カリを飲んで死亡。
 殺人なのか自殺なのか
 真相は不明だった。
志賀久平
…佐伯の同窓。詩人。大学講師。
鬼頭準一
…佐伯家元書生。軍需会社勤務。
復員者風の男
…川地謙三の訃報とことづけを
 佐伯に伝える。
 最後に「金田一耕助」と名乗る。

created by Rinker
KADOKAWA
¥660 (2024/04/25 17:23:18時点 Amazon調べ-詳細)
今日のオススメ!

本作品の味わいどころ①
自然に描かれている異常愛

描かれているのは少しばかり
異常な夫婦関係です。
一郎と由美の佐伯夫妻は、
十五の年齢の開きがあります。
それ自体は
別に驚くことではありません。
しかし由美は、
わずか九歳の孤児だったとき、
一郎が買い取った少女なのです。
一郎は自分好みの女性に育てながら、
初経を待って十五のときに
関係を持ったのです。
これは源氏物語における
源氏と紫の上の関係と同一です。
何とも怪しげな二人の関係が提示され、
どろどろした事件の下地が
明らかになります。

本作品の味わいどころ②
誰が犯人?誰が狙われた?

佐伯・川地・五味・志賀・鬼頭の
五人が会した中で事件は起きたのです。
毒を飲んで死亡したのは五味。
五人の飲んだグラスの一つに
毒が盛られていたのです。
ところが毒を入れることのできた人物は
佐伯のみ。
しかしそれが五味に手渡される前に、
川地が自らのものと交換、さらに
空襲警報の誤認のうちに隙ができ、
その間の動静も不確かであり、
誰が毒を盛ったのか、
そして誰が誰を殺そうとしたのか、
その一切が謎なのです。
こうした事件の特質が本作品の
読みどころとなっているのです。

本作品の味わいどころ③
終末に残る、爽やかな余韻

それを遠く離れた戦地で
川地から聴き取り、真相を推理し、
関係者である佐伯に伝えたのが
金田一耕助なのです。
しかもどろどろした事件の謎を解明し、
真犯人を追及して追い詰めるような
単純な筋書きではありません。
なんとその結末は
むしろ爽やかさを感じさせるほどです。
ここに横溝の作家としての
技量の高さが感じられます。

created by Rinker
¥436 (2024/04/25 15:45:09時点 Amazon調べ-詳細)
今日のオススメ!

最後の一文が素敵です。
「蒼茫と暮れゆく
 廃墟のなかの急坂を、
 金田一耕助は雑嚢を
 ゆすぶり、ゆすぶり、
 急ぎ足に下っていった。
 瀬戸内海の一孤島、
 獄門島へ急ぐために―」

そうです。金田一は
獄門島へ向かうその途中だったのです。
金田一は戦地において、
本作品の川地謙三からの伝言とともに、
「獄門島」事件の鬼頭千万太からの遺言も
預かっていたのです。
戦場には最もふさわしくない
この小柄で痩せた男は、
戦友たちから絶大な信頼を
得ていたことが分かります。
金田一耕助の隠れた魅力を感じさせる
エピソードとなっているのです。
ぜひご一読を。

〔「殺人鬼」収録作品〕
殺人鬼
黒蘭姫
香水心中
百日紅の下にて

昭和時代:杉本一文装幀画表紙

〔一つ前の事件:「本陣殺人事件」〕
「本陣」は昭和12年の事件。
本事件は昭和21年。
戦争を挟んだため、
このような時間差がある。

〔一つ後の事件:「獄門島」〕
本事件の直後、獄門島へ渡る。

(2022.12.23)

〔追記〕
こちらもご覧下さい。

墓村幽の味わえ!横溝正史ミステリー

ぜひチャンネル登録をお願いいたします!

(2023.2.1)

〔金田一耕助の事件簿〕

created by Rinker
¥733 (2024/04/25 01:07:03時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥693 (2024/04/25 16:38:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥693 (2024/04/25 23:02:39時点 Amazon調べ-詳細)
おどろおどろしい世界への入り口
Davies DesignsによるPixabayからの画像

【今日のさらにお薦め3作品】

【こんな本はいかがですか】

created by Rinker
中央公論新社
¥1,320 (2024/04/24 23:56:34時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA