「飛ぶ男」「さまざまな父」(安部公房)

安部の思考の行く先を想像する愉しみ

「飛ぶ男」「さまざまな父」
(安部公房)(「飛ぶ男」)新潮文庫

「飛ぶ男」新潮文庫

ある夏の朝、
たぶん四時五分ごろ、
氷雨本町二丁目四番地の上空を
人間そっくりの物体が
南西方向に滑走していった。
月明かりを背にした輪郭から
判断したところでは、
フイルム会社が
宣伝用に飛ばしている
新型の気球らしくもある…。
「飛ぶ男」

安部公房の未完の作品「飛ぶ男」が
ついに文庫化されました。
安部の死後、フロッピー・ディスクから
発見された遺稿であり、
作品として完成していないため、
文庫化はしないだろうと
諦めていましたが、
今年2024年は
安部公房生誕百年ということで、
刊行となりました。

〔登場人物〕
保根治

…中学教師。不眠症。36歳。
『弟』(マリ ジャンプ)
…飛ぶ男。
 保根を訪問し、自分が弟だと告げる。
 「親爺」の追跡から逃亡中。22歳。
小文字並子
…保根の隣人。氷雨醱酵研究所研究員。
 飛ぶ男を目撃し、反射的に
 狙撃するとともに一目惚れする。

〔本作品の構成〕
1 飛ぶ男
2 深夜の電話
3 天使の懇願
4 狙撃者の愛の目覚め
5 スプーン曲げ実演
6 誤解
7 繭の内側
8 鴉
9 陰謀の成立

これからいくつもの事件が
起きるであろう「前触れ」段階で
原稿が中断している
(完成していれば、かなりの
長篇になったのではないかと
考えられる)ため、
筋書きは謎のままです。
しかし、その「前触れ」だけでも
かなり刺激的であり、
その後の展開の面白さを
予感させてくれます。
味わいどころはもちろん、
三人の登場人物それぞれの魅力です。

本作品の味わいどころ①
「飛ぶ男」はどのように能力を生かすのか

「飛ぶ男」は「飛ぶ」という特殊能力を
身につけているのですが、
あまり役に立っているとはいえません。
なぜなら電線附近、
つまり地上数メートル程度の高さを
時速二、三キロで進むだけだからです。
それなら歩いた方がよほど早く、
「飛ぶ」意義や意味は
あまり感じられません。
実際、飛んでいたところを
小文字並子に狙撃されたのですから、
リスクの方が大きいはずです。
役に立ったのは並子が保根の部屋を
訪問したとき、
窓から逃走(逃飛行?)
できたことぐらいなのです。
その能力は筋書き上、
どのように生かされるのか?
安部のことですから、
私たちの思いもよらない展開を
考えていたはずです。

本作品の味わいどころ②
小文字並子はどのような役割を担うのか

保根の部屋に闖入してくる
並子の存在に、
いやが上にも興味をかき立てられます。
ヌードモデルをするほどの
美しい肢体の持ち主であるだけでも
魅力的なのですが、
護身用に空気銃を準備し、
「飛ぶ男」を狙撃しただけでなく、
保根の部屋へ押し入ったときにも
それを持参するという
狂気も持ち合わせているのです。
しかも勤め先の氷雨醱酵研究所は
何やら秘密を抱えた団体のようです。
筋書きに大いに絡んでくるに
違いありません。
この、名前は平凡でありながら
非凡なヒロイン並子は
どのような役割を担っているのか?
安部のことですから、
私たちの思いもよらない設定を
考えていたはずです。

本作品の味わいどころ③
保根治はどのような運命に弄ばれるのか

影の薄い保根ですが、
それは安部の作品世界の
主人公特有のものです。
「飛ぶ男」の出現に困惑し、
並子の接近に下心を丸出しにしている
小市民・保根は、このあと
どのような運命に弄ばれるのか?
安部のことですから、
私たちの思いもよらない
絶望的な運命を準備していたはずです。

さて、
併録されている「さまざまな父」は、
この「飛ぶ男」の前日譚的な色合いです。
「ぼく」はおそらく
『弟』と同一人物であり、
「飛ぶ男」が第一部、
「さまざまな父」が第二部ではないかと
推察されます。
こちらも刺激的な要素が
ふんだんに盛り込まれています。

いつもどおり
四時十分に学校から戻ると、
父が先に帰宅していた。
珍しいことだ。
ふつう父の帰宅は
五時二十分にきまっている。
父の行動は呆れるほど正確で、
起床は午前五時、ドーナッツに
鶏の燻製の薄切りを添え、
ブラックの…。
「さまざまな父」

〔登場人物〕
「ぼく」

…語り手。謎の「くすり」を飲み、
 「飛ぶ男」になる。
「父」
…「ぼく」の父親。時間に几帳面。
 謎の「くすり」を飲み、
 透明人間となる。
《ケーキ屋のおねえ》
…週に一度、「ぼく」の家に
 掃除など家事をしにくる女性。

〔本作品の構成〕
第一話 消滅
第二話 再生
第三話 執念
第四話 誘惑
第五話 自尊心
第六話 飛ぶ男

未完のまま断筆となってしまったのは
残念なのですが、
これも運命だったのでしょう。
私たちは残されたこの原稿から、
安部の思考の行く先を想像する
愉しみを満喫していくべきなのです。
ぜひ一緒に愉しみましょう。

(2024.4.1)

〔関連記事:安部公房作品〕

〔安部公房の本はいかがですか〕

AlexaによるPixabayからの画像

【今日のさらにお薦め3作品】

【こんな本はいかがですか】

created by Rinker
¥703 (2024/04/25 05:53:40時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA