「暗闇の中の猫」(横溝正史)

金田一耕助の事件簿007

謎のダイイング・メッセージ、「暗闇の中の猫」とは?

「暗闇の中の猫」(横溝正史)
(「華やかな野獣」)角川文庫

「華やかな野獣」角川文庫

二人組の強盗殺人犯は、
工事中のキャバレーへ
逃げ込むものの、
なぜか二人はその中で
銃で撃たれて倒れていた。
一人は死亡、もう一人は
記憶を喪失しながらも、
暗闇の中の猫に怯える。
強奪された金の行方は
未だに分からなかった…。

銀行から奪われた金・七十万円が、
現在の価値に直すと
どのくらいなのかよく分かりませんが、
実に五人もの命が
奪われる事件となっています。
銀行内で行員二人、
工事中のキャバレー内で一人、
そして半年後に完成した
そのキャバレーの中で二人。
この殺人事件の真相を解き明かすのが
金田一耕助です。

【事件簿File-007「暗闇の中の猫」】
〔事件発生〕
昭和21年11月、22年3月(東京)
〔依頼人〕
※強盗被害に遭った銀行の頭取。
 作品には登場せず。
 依頼は、奪われた金の行方の捜索。
〔捜査関係者〕
新井刑事・木下刑事
…警視庁捜査一課刑事。
等々力警部
…警視庁捜査一課警部。
〔事件関係者〕
高柳信吉
…銀行強盗犯。元行員。死亡。
佐伯誠也
…銀行強盗犯。元行員。
 撃たれて記憶喪失。
日置重介
…襲撃された銀行の支店長。
寺田甚蔵
…キャバレー「ランターン」経営者。
伊藤雪枝
…「ランターン」マダム。甚蔵の愛人。
鎌田梧郎
…「ランターン」用心棒。
 かつて雪枝と同棲していた。
江口緋紗子
…「ランターン」シンガー。
天運堂
…「ランターン」前の通りで開業している
 大道易者。その正体は…?
〔事件の概略〕
①昭和21年11月:銀行襲撃事件
 二人組の犯人により、
 行員と警備員が殺害され、
 現金七十万円が強奪される。
 犯人は工事中のビルに逃走、
 ビル内で高柳は死体で発見、
 佐伯は重傷、記憶喪失で発見される。
②昭和22年3月:「ランターン」殺人事件
 警察とともに訪れていた佐伯が
 暗闇の中で射殺される。
 続いて雪枝が毒殺される。

本作品の味わいどころ①
謎の言葉、暗闇の中の猫とは?

生き残った犯人の一人・佐伯は、
ランターンで殺害される前に、
「暗闇の中に猫がいる。おお。猫だ!」と
叫びます。
これが事件を解く鍵になるのです。
ミステリ特有の
ダイイング・メッセージです。
表題にもなっている「暗闇の中の猫」、
この謎を解くことこそが、
本作品の第一の
味わいどころとなっているのです。

ダイイング・メッセージといえば、
横溝正史作品においては
初期作品「丹夫人の化粧台」
「気をつけたまえ、丹夫人の化粧台」、
傑作「悪霊島」での
「鵺の鳴く夜に気を付けろ」が
有名なところでしょうか。
両作品も本作品同様、
その言葉の意味が
事件解決の鍵となっていました。

本作品の味わいどころ②
狭い空間で相次いで起きる殺人

第一の事件の現場に完成した
キャバレー「ランターン」。
奪われた七十万円は
未だに発見されることなく、
この建物のどこかに
隠されているのです。
私服刑事が張り込み、
依頼を受けた金田一まで
潜入している中で起きる、第二の事件。
それも二つの殺人事件。
極めてスリリングです。

二つの殺人事件は、
殺害方法が異なります。
そしてどちらも謎めいています。
一つめの佐伯殺害は、
暗闇の中でいかにして正確に
佐伯の心臓を打ち抜いたのかという謎。
そして二つめの雪枝殺害は、
誰が毒をカクテル・グラスに盛ったか、
そしてどうやって毒入りグラスだけを
雪枝に取らせたかという謎です。
この二つの殺人の謎を解くことこそが、
本作品の第二の
味わいどころとなっているのです。

本作品の味わいどころ③
犯人はこの中にいる、の醍醐味

それらの謎を見事に解き明かすのが
金田一耕助なのです。
しかも探偵ものの王道、
「犯人はこの中にいる」。
金田一は見事に「この中」から
犯人を見つけ出すのです。
もっとも「この中」にいなければ
犯人は逃亡したことになり、
謎解きが完成しませんから
当然なのですが。

実はこのとき、金田一自身も
容疑者の一人となっているのです。
なぜなら本事件は金田一と等々力警部が
初めて出会った事件であり、
等々力警部からすれば、
金田一はただの胡散臭い男にしか
見えなかったからです。
しかも金田一は付け髭をして
変装していたのですからなおさらです。

冷静に考えれば、
等々力警部と私立探偵・金田一の二人が
その場にいたにもかかわらず、
二つの殺人事件が起きたのですから、
現実世界であれば大問題です。
特に雪枝殺害については、
警察による取調中に
発生しているのですから、
等々力警部の責任問題にも
なりかねません。
警察も金田一も何をやっているのかと
言いたくもなるのですが、
そこが金田一シリーズの醍醐味です。
例の如く、
そんなことは微塵も気にしないまま、
金田一は事件の謎を
淡々と解き明かしていきます。
この金田一の謎解きこそ、
本作品の最大の
味わいどころとなっているのです。

金田一の存在感と
その名推理が光る本作品、
ぜひご賞味ください。

〔本作品のもう一つの「謎」〕
実は名探偵にも解けない「謎」が、
本作品には潜んでいます。
東京方面での金田一の事件を
時系列で追ってみると、
以下のようになります。
「百日紅の下にて」昭和21年9月
「黒蘭姫」昭和21年11月
「蝙蝠と蛞蝓」昭和21年
「暗闇の中の猫」昭和22年3月
本作品で金田一耕助と等々力警部が
出会ったことになっているのですが、
実はそれ以前に、
「黒蘭姫」事件でも等々力警部が登場し、
金田一が犯人を炙り出したところに
駆けつけているのです。
接触する場面こそ描かれていませんが、
担当した事件の謎を解いた金田一に、
等々力警部が
声をかけなかったはずはありません。
等々力警部も金田一も、
そのときのこと
(わずか四ヶ月前なのだが)を
完全に忘れ去っていたのか、
あるいは警視庁に
別人で同姓の警部がいたのか。
「黒蘭姫」には正確な日付が
記されていない
(銀座に焼け跡が残っていたという
記述がある以上、終戦直後の
昭和21年と考えられるが)ため、
もしかしたら「黒蘭姫」の方が
本作品の後の事件かもしれませんが、
だとすれば「黒蘭姫」の等々力警部は
よそよそしすぎます。
事件の謎以上に、難しい「謎」です。

(2019.3.3)

〔追記〕
長らく絶版だった本書は、
2022年3月に見事復刊しました。
もちろん杉本一文装幀です。
アイキャッチ画像はそちらの復刊版に
変更してあります。
旧角川文庫版を下に載せておきます。

「華やかな野獣」昭和版表紙

装丁画は変更ありませんが、
「橫溝正史」「角川文庫」の文字の
入る位置が変更されています。

(2022.4.15)

〔娘のつくった動画もよろしく〕
こちらもどうぞ!

墓村幽の味わえ!横溝正史ミステリー

ぜひチャンネル登録をお願いいたします!

(2024.3.6)

〔角川文庫「華やかな野獣」〕
華やかな野獣
暗闇の中の猫
眠れる花嫁

〔関連記事:金田一耕助の事件簿〕

〔橫溝正史の本はいかがですか〕

created by Rinker
¥858 (2024/04/25 07:51:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥792 (2024/04/25 11:33:33時点 Amazon調べ-詳細)
おどろおどろしい世界への入り口
Pixabayのmale96による画像です

【今日のさらにお薦め3作品】

【こんな本はいかがですか】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA